腹が立ったらクソジジイと言ってもいいですか?

こういう、クソジジイ!
現場で1人のユーザ様において口から出そうになったコトバだ。否、半出てたような気がします。

ウィークに1回、水曜日に利用する90歳の男性は人世のゲールを目前にして人として通じる事を諦めたのでしょう。

一人暮らしの恋人は、若い時にビジネスを通して社主様でした。1奴次男がいましたが、反りが合わずまだ迷子。と言っても枯れ以外は次男の居所を知っていますが。

初めて恋人が、次男様の話をしてきました。一心に出来た次男だったのに自分が高飛車だったから出て行ってしまったといった。生きてるのかもわからないって。

そうしたらママが先に逝き1奴ぼっちになってしまった恋人は、現代を恨みながら生きてきたようです。人生救助にあたっても粋がって奴を見下して。

80歳になりパーキンソン病を発症してからは別途頑なになっていきました。そういったころデイサービスに通所するようになりました。

ギョロッとした眼は、誰も寄るなと訴えていました。排便が上手くいかずに汚染まみれですが、補佐様に暴言を吐き暴力を振るいます。

も、認識症ではないので、気分はしっかりしています。それなら、サービスを阻止すればいいと思いますますが、寂しさもあり通所は10層休んですことがありません。

パーキンソンも10層も経つとスピードが不確かになりヨロヨロつかまりながらあるくのがはじめてだ。押したら簡単に倒れます。

でも、手加減と職業だからと接してきたのですが、いざ、お互いの堪忍袋の尾が切れました。介護ヒトとしては失格です。が、迷惑な事は災難という言わないと。

尿といった便汚染で眼がシパシパになるほど匂いを放ちながらも入浴しないと言い張り、促す人員に暴言を吐いた事で私の堪忍袋の尾がプッツリ切れた。

「臭いんやて、おしっこもウンコも綺麗にしないから香りの視野を飛び越えてるし!お風呂加わるの嫌なら着替えだけでもしてきてよ??」と恋人の周りで言った。

恋人は、何と楽に応じてくれた。が、車椅子を押していたら監督が声をかけてきた。そしたら恋人が、イヤ汚染爺さんは、「臭いというから着替えて現れるんだよ」という告げ口。

こういう、クソジジイ・・・出かかったコトバが、出たのか出なかったのかさえわからないぐらい腹がたちました。
まだまだ、未熟な介護士わたくしだ。バランスの取れた食生活は美肌に限らず健康や美容に欠かせない。